通常食事にはやはり叶わない

夜食とダイエットのこと

私が肥満になった原因を調べると、間違いないことは食事を食べる回数が多いという事です。朝食と昼食はいつものように食べるのですが問題はその後です。仕事帰りにどこかで食事をしてくることが多いのですが、帰ってきてから風呂に入ってリラックスしていると何か食べたくなるのです。

 

ここでポテトチップスやセンベイなどを食べるのですが、それで終わらずに少し後にご飯物を食べることがあるのです。お茶漬けや冷凍食品のグラタン、または唐揚げなどです。今、注目のライザップ メディカル黒崎に、お任せください!
お酒を飲んでいるときは、更にサンマのタレ焼きや、イカのタレ焼きのような缶詰を温めて食べる事があります。このような夕食を終えてからもう一度何かを食べる夜食を食べてしまうことが肥満の原因だと思うのです。

 

これらを出来るだけ低カロリーな物に変えるか、最も良いのは食べないことだと思います。ただ、私は空腹の状態では中々寝付けないので何か食べないと落ち着かないのです。カロリーの低い食べ物を少量だけ食べるという習慣に変えることが必要です。